japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

いわなの郷で生きる

朝ひと仕事炭まして
おや炭しながら
書いております。


昨日今日と親方不在のため、
雨対応に追われました。

いわなの郷の
いわなの養魚場に雨水が入っていいのですが、
それだけでなく、藻なども入ってくるので、水路を塞ぐ可能性があるため、
水路の確保は気が張ります。

雨もひどくはなかったので
夜中に動くのはやめ、夜明け前に確認をしました。

多少きれいにすればいい程度で炭ました。

朝ひと仕事はこのこと。



昼間は
釣堀でのお仕事。
この時期は人が多いので、アルバイトや助っ人を頼みながら対応。

なかなか人間関係は難しい。

その辺りを
助っ人のたっちゃんにも相談。

マイペースでいいんじゃない。
話す内容より普段の姿勢が大事。
周りはよく見ている。

キーワードで切り出すとそんな言葉をもらう。

涙がにじむ。

今のままではいけないって必死だった時代もあった。
今は
今のままでいいって思えてきた。

でも、やっぱりそう簡単には変わらない。
人が変わるってそう簡単じゃないよね。

でも、できないことじゃない。
不断の努力を続けること。

継続。
続けること。


大丈夫だ。

心配することない。





写真は、助っ人たっちゃん。

f:id:japan-energy-lab:20180729045713j:plain