japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住4年半。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校〜サロンde川内〜を主宰。本ブログでは、炭焼きPJを中心に成長の観点で好き勝手に書いています。

炭焼場未来対話 山炭彦編へ向けて

 

f:id:japan-energy-lab:20180116200855j:plain

FBイベントページはこちら

炭焼場未来対話 〜山炭彦編〜

また、寒い中で懇親会も行います。

www.facebook.com
肉い男・たっちゃんに盛り上げて頂きます。



 

 

こちらに川内村の人にも参加頂きたく、お声がけして回りました。

なかなかお会いできませんでしたが、できるだけ参加してくださる方が増えるように。

力を貸してくださる方も多くいて、有難い限り。


海炭彦編で講師で来て頂いた黒岩辰徳さんには大変な刺激を受けました。
ここまで思いをもって、前を走っている方を私も追いかけてみたい。

何より、ここ川内村で炭焼をやりたい。


「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」

今まで多くの方がこの言葉を引いて書いた文章に出会って来たけど、
やっと今この想いに至ることができた。

ただただ、炭焼したいってことに自分自身が気づくことができた!

炭焼場の地名を持つ「いわなの郷」で、炭焼を行う。

決めた以上はやるのみだ。
それまでの準備期間も全力で取り組む。

黒岩さんに比べたら、まだまだ働いているうちに入らないんだからね。