japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住4年半。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校〜サロンde川内〜を主宰。本ブログでは、炭焼きPJを中心に成長の観点で好き勝手に書いています。

「祝!第1回 逆のものさし講 郡山勉強会 に参加して」

 

 

 

読書のすすめの清水店長の郡山での会
祝!第1回 逆のものさし講 郡山勉強会

http://「祝!第1回 逆のものさし講 郡山勉強会 に参加して」

 

初めての郡山開催!

 

素晴らしい!!
主催者の方に感謝です。

 

それだけで参加の価値があった。

 

 

さて、内容は???

普通はそうですが、普通でないので、

私なりの気づきに沿って書く。

(ごめんなさい。)

 

 

今までの思考形態を全く変えてみようというのが逆のものさし講(と私はとらえている)。

今までの価値観や思考で、今うまくいってる?いってないでしょ?

だったら、それらを一旦捨てること(横に置いてみること)が必要。

 

ものさしは、お金だけでなく、生き方だったり、ものだったり、

あらゆることで全く別のものさしが必要になってきている。

けど、今までの成功体験にしがみつきたいのは、誰でもそう。

 

 

そのあたりの逆のものさしをどう持ったらいいかお話を伺ったが、

清水店長は別の場で、こんなことをおっしゃっている。

 

陰陽逆転の年 2018年。

www.youtube.com


すぐの動画でなく、
こちらのラスト15番目の『2018年陰陽逆転の時代 そもそも論・・・」をご覧ください。

 

 

 

 

 

ん????

なんだ?????

 

 

 

簡単に陰陽を説明する。

円をイメージしてほしい。その円の中心に向けた力(求心力)が陽。

円の外側に向けた力(遠心力)が陰。

 

大きく見れば、東京一極集中の今までの流れは円の中心に向かう力だ。

だから、陽。

今は地方創生の流れ。東京という円の中心から地方に向けて力が向かっている

外に分散する力は陰。

 

陽極まって陰になる

 

いき過ぎた経済至上主義、グローバリゼーションという陽も

必ず陰に転換する。

 

そうはいっても地方都市は人がまだまだ増えている。

その流れが今年変わるかもしれない。

もう変わらざるを得ないようにさえ感じる。

 

 

私の住む川内村を通してみていくと合点が行く。

この辺りは後ほど書きたい。

 

簡単に書けば、そろそろ今まで通りの流れ(思考方法)を終わりにする時。

 

私自身も常識にとらわれやすい。

意識的に「捨てる」ことをする必要がある。

難しいかもしれないが、訓練だ。

三性(さんしょう)の理。物事をいい悪いなく見るために、一度保留すること。
それが捨てることでもある。

 

良い時代が来ることは間違いない!


面白くなりそうな予感。


次回も参加します。
ん~仕事の都合もあるから、夜だけ参加になるかなあ。