japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住4年半。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校〜サロンde川内〜を主宰。本ブログでは、炭焼きPJを中心に成長の観点で好き勝手に書いています。

覚悟か? 他力か?

手詰まりを感じていた

炭焼プロジェクト 現在エピソード3『YES!祭り」ですが、
まあ進まない。どうしていいかもわからずにいた。

こんな時もあった。

japan-energy-lab.hatenablog.com




今年1月の炭焼場未来対話2回を経て、
というより、全く別の方向から新たな風向きが出て来た。

思っても見ないところから。
何が起こるかわかりませんね〜

引っ張るわけではないですが、もうしばらくしたらお伝えできるかと思います。

続けること
今はできなくても、人にそんなの無理と言われようとも、
やると良い続けること

大事ですね。

ただただ実感するところです。

それと
年末年始くらいの段階でもう炭焼は諦めても良いかなあと思っていました。
頭で。

でも、気持ち(心)がそれを受け入れられない。

もう炭焼に生きていくぞと決めたところから、新た方向性が動き出した。

日付を見ると、1月4日に覚悟を決めていたが、
動き始めたのは前年の12月27日。


もう自分の意志とは別の力が働いているとしか思えない。

自分の意志の力を大切にしたいと常日頃から決めていたけど、
そうではないんだよなあ。