japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。

分断から統合へ

西野亮廣氏の講演会?参加。

 

www.facebook.com



面白い!

私なりの視点で言えば、グランドに降りる方法論の提示。
そのもとは、本質を徹底的に哲学しているからこそ。

例えば、お金の本質を信用と言い切る。
しかも、10年前は違ったとも。

そこから、広告の話。

クラウドファンディングを通して、これからの独自の方法論を展開。
ターゲットが何を求めて、動線をどのように作るか。


これは学ぶところが多い。


自分に引き寄せて書く。

 

この土地は、チャレンジできると言う点で最高に面白い場だ!
復興の文脈だけでなく、日本全体の問題が象徴的に現れた場であるからこそ、

新たな価値観も生まれる場となるだろう。

そこには困難がつきものだが、
いかにそこに力を結集できるかだ。

例えば、西野氏の
著作権フリーにしてどんな人でもイベントできる
誰でも気持ちさえあればノウハウ含めて使える と言うのは、
誰でも実践者(プレーヤー)になれる。
グランドに降りられる。

著作権は、作り手と受け手を分断したように、
社会の大きな問題の一つに、批判するだけの人が存在すること。
つまり、社会を変革する人と変革して欲しい人の分断。
政治家と有権者
運営側と受け手。
生産者と消費者。等々。

分断され続けたことで、うまくいっていた時代は今終わってきた。

分断から統合へ。

その一つの方法論を語る人物がいること、そして、それを本気で実現しようと応援する人々もまたいることに、大きな希望を感じた。


私の活動も立ち止まって振り返る時間を取る必要がありそうだ。


工夫の仕方はいくらでもあるんだねえ〜。


最後に
西野亮廣氏はスターだ。
雲の上の存在としての前提がある。
スターはそれでいいが、私はそれを求める必要がないとよくわかった。

スターだから大規模でもできるけど、私はそんなもの求めていないし、
小さくても着実な関係構築の方が大切だ。

その点で、グローバリゼーションの延長戦とも言える。

こちらは、全く別の切り口であるわけだ。

分相応で行こう!


ちゃんと乗っかりますからね!

www.facebook.com