japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

LIVE學校「医療現場でのコロナ対応を聞いてみよう」  を終えて



新型コロナウィルスのことを学ぶ時間を作った。
オンライン上で。
臨床検査技師の松下さんと私で話した。
動画はこちら

 

www.facebook.com

 
一言で言うと、
ホント難しかった。
それは当たり前のこと。
疫学の基礎もなく、未知のウィルスを論ずるわけだから。

ただ、その難しさの輪郭がつかめた。
例えば、
感染しない・させない基本はわかった。現場でも生かせるはずだ。
陽性率やら、実行再生産数やらの数字の意味はわかっても、
どこまでを含めるか否かはわからない以上、判断もしにくいいこと。

専門家同士でも考え方がずいぶん違うので、
医療現場の人はわかっても、
一般人は、報道から知る情報だけでは、わからないことばかりだ。

  「田舎の負の側面」

 

 

コロナで実は怖いのは

感染事態ではなく、

周囲からの非難だ。

 

こんな記事があった。

www.minpo.jp

 

良くも悪くも

世間の目、世間体を気にする社会では起こりうる話。

感染抑止の効果もあるに違いない。

 

「やり方でなく考え方」

 

 

 

参考になる。

 

大山会長とは

育成塾時にお会いしている。

反日に転じてからの韓国にも進出。

大胆な判断というより、使命を帯びていると感じている。

http:// https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58529250X20C20A4I00000/?n_cid=NMAIL007_20200501_H

  「本当かもしれない話」

 

実際にお金で支配されているケースは考えられる。

時系列で調べれば、行動のウラも取れるから、嘘はバレル 。

本当だとしたら、ゾッとする話。

http:// https://note.com/ohsaworks/n/n7475725e731d?fbclid=IwAR0gdwuaCDqeA8l_1qNUJIbEcSvWD5wRLp8FiOqTQocMLOBD3e3IFxPpOmU