japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

ウィルスについて

コツ塾たくちゃんのシェア記事。
コロナウィルスについての内容。
https://synecoculture.org/blog/?p=2640&fbclid=IwAR2jV65G6zXLHgiabAO0bPaST7sEegD4ILf3dlqAEUyu_TGGXGc_laaNT0c

読めば読むほど、ウィルスの存在意義に驚く。
勝手に下等生物と思っていたが、
実は人間の発想(というより私の発想)を超えていた。

人間は(私はでもあるが)自然を思い通りに支配できると勝手な思い込みで
ここまでの文明社会を築いてきた。
少なくともここ500年はそうだったと言って過言ではない。

しかし、人類文明のあらゆる行き詰まりがそこかしこで見える。
新たな道を提示してくれている・・・かもしれない。

今回のコロナウィルス、COVID-19が。


亡くなった方々も多い。
忍びない所ではあるが、
産みの苦しみだと思えば、希望も持てる。

また、たくちゃんは「大地の再生」をご実家の愛知県新城市で行なっている。
月一回のワークショップ・今回は、近所の池の汚泥すくいをする予定だった。
足元からきれいにしようとする活動もされている。
イベントは行っていないが、一昨日は原木しいたけの植菌をされた様子。


大地の再生についてはこちらも参照

www.facebook.com