japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

「川内村議選 2019年11月10日」

f:id:japan-energy-lab:20191110171003j:plain

 

 



本日が村議選のため期日前投票へ行ったのは一昨日の話。
こちらに住むようになって2度目の村議選だ。
 
はじめに驚いたのは、
選挙カーが一切走らない。
全くうるさくない。
なので、選挙っぽくない。
 
また、今回はハガキが届くようになった。
でも、立候補者11人のうち4人から。
前回はハガキは来なかったので、ずいぶん新鮮だ。
 
また、選挙公報にも驚く。
各候補者が政策・経歴をアピールする場だが、一言だけの人もいる。
 
さらに村の投票率はほぼ100パーセント!
足を運べない人には、声をかけられる。送ってもらえる。
場合によっては、「誰々と書いて」と言われ、そのまま書く人もいるだろう。
 
 
背景がある。
簡単な事だ。
 
親戚が多い人は当選する。
逆に少ない人は当選しにくい。
 
いわゆる固定票がかなりはっきりする(ようだ)。
逆に浮動票もはっきりするので、個別に動いた方が効率がむしろいい。
大人数に声をかけられるより、1対1で話した方が口説きやすいはず。

現在の川内村は浮動票が以前より多い。
それは移住者だ。
移住した人にとっては、誰に投票していいか全くわからない。
選挙公報を読んでも大概よくわからないし、
演説なりを聴く機会もない。
議会の様子を動画公開しているようだが、チェックする人は少ないだろう。

結局、顔見知りの人に投票する。または、顔見知りに頼まれた人に投票する。
そうなると人間関係の濃さから、仕事関係の人のつながりが強くなる。


違和感は強く感じるところだが、この村はずっとそれでやってきた。
どうするのがいいかも、いまだわからない。

また、村長派と反村長派で二分していた時代もあったという。
さすがに最近はそこまでの事はないらしい。

来年は村長選。
村長選では雉が飛ぶ(万札がとぶ)なんて言う人もいるが、
確認のしようもない話だ。

これらはまた一方で、
川内村だけの話でもない。
多かれ少なかれどこでもある話。


どの世界でも二項対立、分断で語られることが多い。
特に東日本大震災以降に。
令和の御代になって、時代の空気も変わった気がする。

政治で言えば、右左の対立の中で合意形成が生まれるものだが、
その枠組みだけでなく、
第三の道 なんて言う人もいるが、そこに活路を見出せたらいいとも思う。


お読み頂き、ありがとうございました!