japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

「いわなの郷で働きたい!」のために





www2s.biglobe.ne.jp


驚いた!


この中で村営バスの話を以下に引用する。

 

 

藤原さんが幼稚園の卒園式に招待された時、一人の子どもが「ぼくは大きくなったら村営バスの運転手になる」と言った。これを聞いて、藤原さんは、「バスは単に人を運ぶだけではなく、人々の期待や安心、そして夢をも運ぶものなのだ」と実感した。

 

 

 

 


これだ!って思った。

村営バスの運転手になったら金が稼げるかどうかでなく、それ以上の価値があることをしているってこと。


翻って、私の職場のいわなの郷。
そこまで思ってくれる子がいない。と思う。

いわな好きや釣り好きだとしても、いわなの郷で働きたい!にまでたどり着かない。

そこを大切にしたらいいのかなあと思う。