japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住6年。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校を主宰。本ブログでは、成長の観点で思いのままに書いています。

自分で決める

結局自分で決める事だとよく分かった話。

 

 

 

まずはこちら

 

www.agentmail.jp

 

最近知った鴨頭さんのメルマガ
「どうしたら自信が持てますか?」が秀逸だった。

 

その通りだよね〜!

 

 

 

さらに

ひすいさんとマサさんのユニット
10分ほどの音声。

www.youtube.com

 

斎藤一人さんの話がわかりやすかった。

 

その通りだよね〜!

 

 

 

さらに

ドン・キホーテセルバンテス

ja.wikipedia.org

 

 

レ・ミゼラブルヴィクトル・ユゴー

ja.wikipedia.org

の子ども向けの本を読む。

お隣町の富岡町図書館で借りた。

 

この二つの小説はどちらも40代後半の男が主人公。

変に親近感が湧いてしまった。

現代にない発想の物語にも度肝を抜かれた。

 

特に、レ・ミゼラブルジャン・ヴァルジャンは元囚人。その過去をひた隠しに成功したが、自らその過去を暴露する。無実の罪で捕まる人を助けるために。

 

今まで自分で自分を縛り付けてきた事に気づく。

それは育った環境のせいにしてきたけど、それを変えなかった自分の責任だった。

だったら、今変えればいい。

 

 

その通りだよね〜!

 

 

ただただ、涙にじむ。


前回ブログも参考まで

japan-energy-lab.hatenablog.com

 

 

 

 

また、ドン・キホーテは50才を目前にした男が、騎士道の本を読み漁って、しかも、その世界観を勝手に信じ込み、旅に出る。

 

アホだ。

 

でも、その純粋に信じる心意気が素敵だ。

そのアホさ加減が大好きになった。

 

オレ、もっと冒険してもいいんじゃないかって。

 

 

その通りだよね〜!

 

 

 

 

そして、最近書いたブログ

japan-energy-lab.hatenablog.com

 

 

japan-energy-lab.hatenablog.com

 

 

ここ1ヶ月くらい、眠くて仕方がなかった。

一日12時間平均で寝ていた。潜在意識に届いたものと勝手に解釈する。

顕在意識は気づかずとも、潜在意識は動いていて抵抗していた。

 

でも、意志の力には叶わない。
意志だけでなく、その方法論も今ならわかる。

 

 

大丈夫!

だよね〜!