japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

生き抜け、生きて残れ、会津の国辱雪ぐまでは生きてあれよ。 ここはまだ戦場なるぞ。

私の愛読するブログ

しばやんの日々

明治維新
会津藩士が斗南藩に移住した
柴五郎の貧苦の日々が綴られている。

shibayan1954.blog101.fc2.com



幼い柴五郎に父はこんな言葉をかける。



生き抜け、生きて残れ、会津の国辱雪ぐまでは生きてあれよ。
ここはまだ戦場なるぞ。

 

 

死ぬな、死んではならぬぞ。

堪えてあれば、いつかは春も来たるものぞ。
堪えぬけ、生きてあれよ、薩長の下郎どもに一矢を報いるまでは。

 

 

 

ただただ

涙がにじむ。