japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

「ある」からはじめよう

 

一昨日のこと。
私名義の郵便貯金通帳があったけど、紛失。

そのお金が今持っている別の通帳に入ったと報告の郵便が届いた。

 

それまで実感を持たなかったけど、

えらい責任を感じた。

 

紛失した通帳は親が貯めてくれたものだった。

通帳の記録も入っていた。
その記録はそれ以前までは記帳していた証だ。

その最初の記録が平成13年。
2001年4月1日の利子の記録。

それ以降は入金していない。

2001年4月1日は、私が25歳。

単純にその以前まで記帳していたわけだ。

入金もしていたかもしれない。

 

その頃の自分を思い出せば、学生を終えてすぐ入った会社を辞めてしまったところ。

 

愛を受けてこなかったなんて考えてきたけど、
そんなことなかった。

欲しい愛の形ではなかったのだけどね。

ある。そこから始めよう。

 

ない。思い出したらきりがない。

 

少なからずある

「ある」を大切にしながら。




こちらも参考まで。

archives.mag2.com