japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村に2013年移住。いわなの郷で働いております。炭焼き・移住促進・成長への興味を元に、全てのエネルギーの活用を研究することを建前に、本ブログでは成長の観点で思いのままに書いています。

「観光の新たなカタチに」

 

 

 

島根県が一位に 外国人観光客に人気

jimococo.mag2.com

 

島根県が観光に力を入れているのがよくわかった。

 

決して悪いことではないんだけど、

観光ばかりでなくてもいいんじゃないかって思ってしまった。

 

正確には、観光にも色々なカタチがあっていいのかなって。

 

例えば、福島県川内村の良さは、京都観光や出雲大社詣などの観光ではわからないんじゃないかと。

もっと地元の人と繋がるやり方やその土地の魅力が伝わるやり方があればいいなあ。

 

 

 

そうだ!

以前秩父34ヶ寺巡りを行なったことがあった。

四国で行われているお遍路さんのようなもの。

 

その土地を歩くことで、ゆっくりと歩を進められる。
見える景色が変わる。

(意図せずとも)人との出会いがある。



道元正法眼蔵

「我、人に逢うなり。人、人に逢うなり。我、我に逢うなり。」を体現できる旅。

 

何かできるかもしれない。