japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住4年半。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校〜サロンde川内〜を主宰。本ブログでは、炭焼きPJを中心に成長の観点で好き勝手に書いています。

現状とその先にある孤独と希望

 

たくちゃんのメルマガを転載します。
以下

 

『たった一つの小さな「コツ」があなたを変える』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

【今日のコツ】

何かするという先に安心や心の平安はない。

安心と平和はつながりによって生まれる。

 

 

 

もっと能力をあげなければいけない。

もっと成長し結果を出さなければいけない。

もっと良い状態にしなければいけない。

 

など、

 

一見前向きそうでも、

 

危機感や焦りを少しでも感じたまま

動こうとする自分がいるときは要注意。

 

 

そうなったらうまくいくに違いない、、、

そうならなければと想って動くその先には、

 

どれだけ努力しても、頑張ったとしても、

その先に自分が求めているものはありません。

 

 

 

その理由は、

 

ooしなければならない

危機感を感じるその背景にあります。

 

 

危機感や焦りを感じるときは必ず、

 

それができなかったら生き残れない、

人に認められない、人と分かり合えない、

自分は愛されない、受け入れてもらえない、

 

など、

 

うまくいかなかったらどうしようという

不安や恐れが根底に隠れています。

 

 

人の脳は不安や恐れを感じると、

 

危機を避けるため

 

戦う逃げるか、フリーズするかの状態になり、

(乗り越えるか、我慢するか、なかったことにする)

 

視野が一気に狭くなってしまいます。

 

 

すると、

 

行動して望む結果を得られたら、

不安や恐れを解消できるに違いない、

心が満たされるに違いない。

 

と、直線的に思い込むことになります。

 

 

 

脳が危機感を感じている状態では、

 

真実を観る余裕はなくなります。

 

人が持つ本当の創造力(知恵)を

使うことも弱くなります。

 

 

 

 

 

行動し望む結果を得たら、

本当に安心や平安は生まれるのか?

 

 

気づき始めている人も多いと思いますが、

 

「何かすることで得られる安心は

 この世界にありません。」

 

 

たしかに、

 

不安を解消するために頑張ることで、

人の能力や耐久性は上がります。

何かしらの結果はでます。

 

 

しかし、

 

能力が上がったと感じたときや、

望む結果がでたその瞬間は、

 

一時的に安心を得た様な感じや、

自分がマシになった様な感じになりますが、

 

そのせいでこれでいいんだと思い込んでしまいます。

 

 

さらには、

 

しばらくして不本意な事があったり、

自分よりすごい人に会う度、

 

根本にある不安や恐れが再び動き始める為、

 

もっとがんばらなければいけない、

もっと強くならなければいけない、

もっと大きくしなければいけないと、

 

ゴールのないゴールを際限なく求め、

 

求める結果や行動量をどんどん

エスカレートさせていき、

 

限界がきて崩壊することになる。

 

 

今、個人も会社も世界も、

この罠から抜ける必要があります。

 

 

大切なのは、

行動や結果によって得られる安心はない

 

と、気づくこと。

 

 

だとすると、

 

本当はどうしたら安心できるのか?

 

ひとりひとりが真実を探求することが大切です。

 

 

 

話が変わるようですが、

 

先日KUSUYOさんという素敵な

シャンソン歌手の方にお会いしました。

 

その方が僕のこの話を聞いて

オススメしてくれた歌があります。

 

 

「私の孤独」

https://youtu.be/nbLQZBVHDtg

 

 

この歌の中には孤独だけでなく、

不安や恐れとどう付き合ったらいいのか?

 

その本質があるように思えます。

 

初めてのパターンですが!

 

今日のコツは

歌の中から感じとってください☆

 

 

 

 

【今日のコツ】

何かするという先に安心や心の平安はない。

安心と平和はつながりによって生まれる。

 



以上


今必死に焦って動いていた。
ただただそれだけでその先には上の通りなのだろう。

歌はしみましたね。
悲哀にあふれて、希望にあふれていました。