japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。 福島県川内村で移住4年半。いわなの郷で働きつつ、日本一だった炭焼き復活を期す川内村炭焼きプロジェクト、移住者だけでなく新たな場作りを考えるCafe學校〜サロンde川内〜を主宰。本ブログでは、炭焼きPJを中心に成長の観点で好き勝手に書いています。

「ボクがボクであるために」

f:id:japan-energy-lab:20171204071146j:plain



カトーコーキさんの漫画「しんさいニート」を読む。

 

ここまで自分を赤裸々に語れる勇気に感服!

氏は非常に頭の良い方だ。

自己分析力の高さは読めばすぐわかる。

それでも自分の力だけでそれはできなかったし、多くの人の支えで力を得た反面プレッシャーの強さもまた大きかったけど、それさえ力に変える強さがあった。

本当のこと つまり国は必ずしも本当のことをすぐ言わない を知ったことで

混乱の中で生きてきたストーリーに真実もまた感じる。

 

この人のエネルギーの強さに私は惹かれました!

そのエネルギーを転換した強さにもまた惹かれました!


「しんさいニート」の作者・カトーコーキさんは、いずれお会いしたい!