japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。

待つ

gardenjournalism.com

フロンティアは 私が考えていたものとほぼ同じだ。
当然私より先に着想した方がいてもおかしくない。


私も今年2017年は

転換点だと思ってきた。

川内村に関しては、あらゆる賠償が一区切りになる年。

今までのやり取りとそれにまつわる断末魔の叫びもあるだろうが、
次世代への議論に収斂されると信じている。

 

内と外という課題。
その奥にある分断も視野に入れれば、ここから一つモデルの構築ができるし、専門化された知の分断の統合が、実践の中で知行合一されるとも信じる。

 

浜魂(ハマコン)には私も参加した。
ご一緒したお三方は着実に行動を積み重ねている。

周回遅れの気分もあるが、
一歩一歩あわてずに進む。

 

その時を待つのもまた仕事のうちだ。


迷いも不安もすべて受け入れて、
自らの目指すゴールだけは常にイメージしている。