読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japan-energy-lab’s blog

日本エネルギー研究所・関孝男です。

「変化」

昨日の福島大学の川内村座談会。 私の勤務する 川内村・いわなの郷で行われました。村内の方の意識も変化しつつあることを感じたし、学生自身がすでにそれに呼応した課題意識も持っていた。 それが6年という時間。 村内の参加者も案外アウトプットする機会…

「道」

今度木炭のための木の放射能値を検査する。場所によっては、放射能基準値を満たす場所があるかもしれない。空間線量から、木の線量をある程度推計できることから、ガイガーカウンターで測り、低そうな場所を探して木を計測してみる。声をかけて頂いたから、…

東日本大震災からもうすぐ6年

復興のために働いていた方々の宿舎が ここまで少なくなった。ここにはもともと数百人分の簡易宿舎があった。 6年が一つの区切りと思っている。今日も新しい朝が来た。

新たに

昨日の手放すの話。どうも、成長と言っても山を登っていく成長と山を下りていく成長があるみたい。じんさんのブログ。ameblo.jp なんだか、これを読んで思いを新たにした。もう私も41なので、 もっともっと山を下りたらいい。それと別の話も思い出す。引き…

「手放す」

そっかあ・・・ずいぶん時間がかかったけど、 手放すことができなかっただけだった。 「自分でやらなければならない」「人に迷惑をかけてはいけない」 「失敗してはいけない」「上手くやらなければならない」「人の期待に応えなければいけない」等々そもそも…

生きがいの創造

今日イイニクの日生まれのとある方にご紹介頂いた一冊。 Amazon CAPTCHA ようやく読みました。もう20年前にここまでのことが出ていたとは知らなかった。生き方が示唆される書。 一つの時代の変化もまた感じさせられる。

「ふくしまファンクラブ」取材から

もうだいぶ前の話ですが、ふくしまファンクラブ www.pref.fukushima.lg.jp 移住のコーナーで取材を受けた。 結構興味がある方も多いようだ。私の場合何も調べずに、ここ福島県川内村に来てしまった。移住で失敗する一番のパターン。そもそも私は失敗かもしれ…

いわなの郷ブログより

今日は普段の仕事の いわなの郷ブログをそのまま転載します。ホントこのお二人の気持ちのよさには敬服します。リンク先はこちら 釣りは11月末までです! | いわなの郷 こんにちは いわなの郷 関孝男です。 今日は曇り空だったので、ずいぶん気温が上がりまし…

恵まれている

昨日のことわざわざ足を運んでくれた。約1年振りにお会いする。 その姿にまた多くを教わった。頂いたのはまんじゅうだが、その心もまた頂いた。 恵まれているのかもしれない否恵まれている。

日本人の心を持つソンユさんファンの心を大切にするHactoさん先週田村市船引駅前のalltamura.tvでソンユさんとHactoさんのライブに行ってきた。ソンユさんは日本語を覚えて、日本の歌も自分のものにされていた。Hactoさんは冒頭「透明」の曲から、一気に場を…

ひとりではない

一昨日のこと 炭焼きの放射能対策の相談へ 放射能基準値を越えてしまう現状打破のための動き。 加熱調理用の炭は、灰として処分する際一般ゴミで出せるための数値となっている。 健康被害に関しては考慮されていない。 手の打ちようも分からない中で、 一つ…

もうすぐ100年

www.mag2.com あれからもうすぐ100年。 1919年 パリ講和会議で 日本は、人種差別撤廃を求めた。 その後のストーリーがあった。

時代の激震の中で 

残念! 映画「知事抹殺の真実」 eisaku-movie.jp 満員のため見ることができなかった。 今朝の地震後の確認で遅くなってしまった。 またの機会に見たい。 こんな映画が誕生するとは夢にも思わなかった。 しかし、もう時代変化のうねりは止まらないはず。 アメ…

喜んでみる

おはようございます。 こちら福島県川内村は冷え込みました。私の職場 いわなの郷ではバッチリ霜が降りています。 現在私のライフワークの一つは炭焼。 ここ川内村は 昭和14年頃日本全体の半分の木炭を生産する 日本一の炭焼の郷だったことから 師匠に炭焼を…

そもそも、なぜ?

おはようございます。 このブログに『日本エネルギー研究所』と名付けました。 それは2つの意味合いと 根本的には一つです。 一つは 文字通りの資源としてのエネルギー。 福島第一原発の問題があり、エネルギーのことは切っても切れない地域だ。 そのエネル…

「勝手ながら バラ色な未来予測 〜アメリカ大統領選から眺める地方創生〜」

初回です。いきなりですが、こんな内容です。福島県川内村に住む関孝男です。 宜しくお願いします! トランプが勝ったのは あえて一言で言えば グローバリゼーションを拒絶する ナショナリズムの勝利だ。 自由経済の美名のもと 賃金の安い海外に市場が流出し…